人気ブログランキング |

いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2018年アニメアウォーズ!

2018年アニメアウォーズ!
2017年アニメアウォーズ!

・最優秀作品
アニマエール!
秋ごろは体調がすぐれない時期がありましたが、励みになって元気づけられました!\(>ω<)/
キャラにも愛着が湧きました。ただし、5人揃ってからが本番だったかもしれません。
主題歌はOPもEDもお気に入り。元気づけられるので何度も聴いています。
これから原作も読んでいこうと思います。

・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
となりの吸血鬼さん
キャラクターの関係で「ぎんいろモザイク」なんて呼ばれていますが(笑)
ソフィーと灯、友達で、一緒に住んでいるから家族でもあって。いいですね、こういう関係。灯の変態的アプローチをソフィーが軽くいなすっていう構図が好きです。
吸血鬼と人間、どうしても生活リズムや食生活、ジェネレーションギャップなどで噛み合わないところが出てきてしまうのですが、彼女達ならではの解決方法を模索しているのがこの作品の魅力です。それぞれを思いやる優しさですね。

ゆるキャン△
体感時間短いという他の視聴者の評価も納得。見始めると一気に作品内に引き込まれます。
キャンプのための知識や道具紹介はもちろん、美しい自然、楽しそうな施設、おいしそうなご当地グルメやキャンプ料理。引き込まれます。
さすがに私は現地に行こうというほどのアクティブさはありませんが、行きたくなる人も少なくないでしょうね。
なにより、なでしことリンのふんわりとした関係が好きです♪

宇宙よりも遠い場所
南極までの道のりや南極を舞台とはしていますが…
「女子高生南極青春グラフィティ」というキャッチフレーズ通り、青春モノとしての側面がよく描かれていました。
南極に着いてからの終わり4話が神回の連続。
「旅」を題材にしたストーリーの定石がしっかり押さえられていました。出発する前と旅を終えた後の人物達の変化がステキです。
特に報瀬の顔つきが出発前と比べて明らかに凛々しくなっていたのが印象的。いい友人ができましたね。
伏線の張り方も巧妙で、各話のペース配分、南極に向かうまでのペース配分も申し分なし。
ラストの落としどころをどうするかをあらかじめ考えた上でストーリーが練られたのを感じられました。

・キャラ部門(男)
兵藤一誠(ハイスクールD×D HERO)
見ている作品が少ないため、選択肢が少ないもので(^^;
しかし第1期からそれなりに魅力的な人物です。愛する者のために体を張れる王道ヒーロー、やっぱり憧れます。
性欲にも忠実で、それを戦闘力に変換できるというのも愉快w

・キャラ部門(女)
志摩リン(ゆるキャン△)
マイペースなところに惹かれます。見聞きしたものへのリアクションも面白いです。
だらーんとしているようで、原付で遠くまで一人旅…行動力はあるんですよねぇ。そういうところには憧れます。

・OP部門 (映像込みの評価) 
†吸tie Ladies†(となりの吸血鬼さん)
(Chu!Chu!Chu!)吸っちゃうぞ …と中毒性のある始まり方から、仲睦まじいメインキャラ達に癒されます。

・ED部門 (映像込みの評価)
One for All(アニマエール!)
We can do it now, everybody say'Yeah!' …のところのディフォルメキャラがカワイイのです♪ リズムもいいですしね。

トラックバックURL : https://konosetu1.exblog.jp/tb/238948500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おちゃつ at 2019-01-21 22:17 x
konosetuさんこんばんは!

>アニマエール
可愛い作品でしたね~。小ボケとツッコミで笑える要素も多くて楽しめたし自分も好きな作品です。
>となりの吸血鬼さん
スルーというかノーチェックでしたが調べてみたらこれもすごく自分の好みっぽい感じだったので、ぜひ見てみようと思います。

ではでは今回も参加ありがとうございました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2018-12-30 18:25 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(1)