人気ブログランキング |

見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイナル・リミット」

いよいよクライマックス。今こそ燃え上がるとき!
テイク・オフだぜぇ!!ヽ(#`W´)ノ




重傷を負い、グラーフアイゼンを傷つけられながらも、なんとかゆりかごの駆動炉に到着したヴィータ。
グラーフアイゼンのリミットブレイクを起動させます。
そしてカートリッジを消費して駆動炉に攻撃を仕掛けます。
ヴィータ「ブラストルッツハンマー!!」
ところが、破壊しきれずに警報装置を作動させてしまいます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_21575722.jpg

次元航行部隊到着まであと45分。しかし、聖王のゆりかごが軌道上に到達するまであと38分。
7分あればミッド首都も狙えるということで、指揮を交替し、はやてが自ら突入を決意。
そこにアルトから通信。リインを送り届けるために必死にヘリを飛ばしてはやての元へ向かいます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_21581332.jpg

ゆりかご内部では、なのはが飛ばしたした光球が艦内を移動中。
玉座の間にて、なのははヴィヴィオと交戦。何度もバインド系で攻めるも、ヴィヴィオを止めるには至りません。
しかし、その最中にもWASの光球は艦内で敵を探査し続けていきます。
なのははブラスター2のブラスタービットによるクリスタルケージでヴィヴィオを捕獲。
戦闘中にも学習するヴィヴィオはバインドはあっさり解除。しかし、クリスタルケージの破壊には手こずっています。

そんななのはの様子を見て、クアットロは一つ会得。
ブラスターの正体は術者の限界を遥かに越えた自己ブースト。だから、どんどん使わせ消耗させるのが良いと考えます。
この状況では後先考えない一撃も撃てないため、所詮は宝の持ち腐れという判断です。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_21583645.jpg

廃棄都市街では、ルーテシアの召喚虫達が混乱し暴走。
地雷王がエリオ&キャロ達に攻撃を仕掛けてきますが、ガリュウがそれを防御します。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_21593366.jpg

時空管理局ミッド地上本部では、シグナムがゼストに同行を求めるも断られます。
ゼストの残る心配事は、スカリエッティを止めることとルーテシアを守ること。
これらは管理局によって成されるであろうと知り、あとやることは1つしかないとデバイスを構えます。
ゼスト「本当に、守りたいものを守る。ただそれだけのことの、なんと難しいことか」
2人はその場で決着をつけるべく交戦。
しかしゼストのデバイスは折られ、シグナムの『紫電一閃』により決着がつきます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_220117.jpg

ゆりかご内部では、ヴィータが駆動炉相手に苦戦中。一心不乱に攻撃を加えるも、破壊し切ることは出来ずにいます。
ヴィータ「こいつをぶちぬけなきゃ、意味ねーんだ」
皆を守るためにはなんとしても駆動炉を止めなければと、再び駆動炉への一撃。
衝撃でグラーフアイゼンは大破。ヴィータも力尽きて墜落しかけますが、そこに黒い羽根が舞い上がります。
はやて「謝ることなんて、何もあらへん」
リインとユニゾンしてヴィータを助けたはやては、謝るヴィータにそう伝えます。
はやて「鉄槌の騎士ヴィータとグラーフアイゼンがこんなになるまで頑張って、それでも壊せへんもんなんて、この世のどこにも――あるわけないやんか」
その言葉どおり、駆動炉は徐々にひび割れを増していき、見事破壊されます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2204970.jpg

スカリエッティの研究所では通路が次々と封鎖されていきます。まだ取り残されているフェイト、シャッハ、ヴェロッサ。
クアットロが拠点破棄を決意したための自爆装置が作動したのです。
スカリエッティは、クアットロの中にコピーがいる以上、今の自分はもう用済みだから止めさせる必要も無いと言います。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2243328.jpg

駆動炉を破壊され、さすがに焦ったクアットロ。ゆりかごの修復を試みます。
しかし、そこに現れた魔力球を確認。それはなのはが探査のために放ったもの。なのはの目論見どおり、広域探査『ワイドエリアサーチ』により、見事クアットロを捕捉します。
なのははヴィヴィオを再びバインドで捕らえ、その隙に目標をクアットロに設定。
うろたえながらも最深部にいる自分は安全だと平静を装うクアットロですが、なのはの意図は壁抜きによる直接砲撃。
馬鹿げたことと言いつつも、かつてなのはが空港火災で見せた一撃を思い出したクアットロは、恐怖に慄き狼狽します。
ブラスター3を起動させたなのはは、カートリッジを5つロードし、ディバインバスターを発射。
なのは「ディバイン――バスター!!」
ブラスタービット4機と主砲の一斉射で、壁も床も天井も次々とブチ抜いていき、逃げ出そうとするクアットロを飲み込みます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_224553.jpg

クアットロが倒れたことで、各地のガジェット群やルーテシアの召喚虫は完全停止。
ヴィヴィオの洗脳も解けます。しかし未だヴィヴィオのなのはへの攻撃は止まりません。
ヴィヴィオ「駄目なの……ヴィヴィオ、もう帰れないの」
駆動炉が破壊され管制者を失い聖王の戦意も喪失したゆりかごは、自動防衛モードを起動。
機内異物の全排除を目指して艦内のガジェット群が一斉に動き出します。
なのはの元へ向かうはやての行く手をガジェット群が阻んできますが、ユニゾンしたリインと共に撃ち抜いて進んでいきます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2255346.jpg

なのはは依然ヴィヴィオと戦い続け、助けてあげると伝えます。
しかし、ヴィヴィオは自分の正体も、なのはが本当のママではないことも分かったと言い、なのはの呼びかけを拒もうとします。
ヴィヴィオ「悲しいのも、痛いのも、全部偽物の、作り物……。私はこの世界にいちゃいけない子なんだよ」
そんなヴィヴィオの言葉をなのはは否定。
今のヴィヴィオは偽物でも作り物でもない。本当のママになっていけるように努力すると胸の内を伝えます。
なのは「本当の気持ち、ママに教えて」
そんななのはの言葉に、ヴィヴィオはなのはママが大好きだと答えます。
助けてほしいという言葉を聞いたなのはは、どんなときだって助けると宣言。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2281945.jpg

ヴィヴィオの体をレストリクトロックで固定し、防御を抜いての魔力ダメージでのノックダウンを目的に魔力集束を開始。
なのは「全力全開、スターライト――ブレイカァァァーー!!!」
レイジングハートを振り下ろして渾身のスターライトブレイカーを発射。
見事ヴィヴィオの体内のレリックを破壊することに成功します。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_228361.jpg

元の姿に戻ったヴィヴィオは、なのはを制止して自分で立ち上がろうと頑張ります。かつて転んだとき、自分で起き上がれとなのはに言われたように……
そして、無事立ち上がったヴィヴィオになのはは駆け寄り、強く抱きしめるのでした。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2285720.jpg

はやてはなのはの元に到着。
ところが、聖王の反応をロストしたゆりかごは全ての魔力結合を解除。なのはの飛行機能は奪われ、はやてとリインのユニゾンも解除されてしまいます。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2291540.jpg

ミッド地上本部では、ゼストが事件について知る限りの情報を収めたリングをシグナムに託します。
アギトとルーテシアのことを頼むと言い残し、遂にゼストは力尽きます。
ゼスト「俺やレジアスが守りたかった世界、お前達は間違えずに進んでくれ……」
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2294243.jpg

廃棄都市街ではティアナが足を引きずりながらも、ギンガを運ぶスバルと合流。
そこにヴァイスとシャマルを乗せたヘリが到着します。
突入したなのは達との連絡がつかないと言うことで、インドアでの脱出支援&救助任務は陸戦魔導師の出番です。
スバルはギンガからブリッツキャリバーとギンガ用のリボルバーナックルを託され、ヘリでなのは達のいる聖王のゆりかごを目指します。
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_2210871.jpg

そして。エリオとキャロ達も救出活動へ。
事件は終局へと進んでいくのでした。
スバル「なのはさん……」
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_22111551.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本作もいよいよクライマックスを迎えました。
山場はヴィータを助けに、はやてとリインが駆けつけたシーン。
そして最大の山場は、なのはの2つの砲撃。
やはりなのはの切り札はこの集束型砲撃魔法スターライトブレイカーしかないですよね。
凄まじい魔力光の輝きと凄まじい破壊力、これでこそ星の輝き。直前のレイジングハート・エクセリオンの輝きも美しかったです。
そして、クアットロを撃破した一撃も負けず劣らずのかっこよさ。案の定、ボコられた魔性の女。前回までの余裕が焦りと狼狽に変わった瞬間がいい気味でしたww
作画もこれなら目の肥えた方でも文句なしでしょう。毎回こんな感じだったらよかったのですがねぇ。


全力全開の想いを込めた砲撃を見せてくれた高町なのはとレイジングハート。
やはり締めはスターライトブレイカーしかなく、これぞ砲撃魔導師高町なのはという戦いを見せてくれました。
でもその一方、ワイドエリアサーチなどの索敵も忘れないという、地味ながら小細工も得意というのが素晴らしいです。

最後のスターライトブレイカーは、直前のレストリクトロック使用や発射時のモーションなどの流れが第1期のフェイト戦とそっくりでした。
それだけに、いよいよこのなのはの物語も終わりなのかなぁと感慨が沸いてきます。
そんなスターライトブレイカーは、前方の魔法陣に集まる魔力の大きさと輝きが半端では無かったですね( ̄ー ̄)ニヤリ
DVDではさらに補正されて強化されそうな気すらしてくるこの輝き、今回はさらにブラスタービット4機各機にまでも集束してとんでもないことに。どこのファンネルだよww
何気に集束速度も、相当攻撃力が高くなっているにもかかわらず第1期並みかそれ以上に速く、SLB+で10カウント、SLBexでもカートリッジロードが必要だったことを考えると、もの凄い成長ぶりです。
軽くSSくらい突破してそうな勢いでしたよ(*>▽<)

こんな無茶苦茶な魔法を愛娘相手に、ちょっと痛いけど我慢しろというなのはが恐ろしいといえば恐ろしいですね(;´Д`)
かつてフェイトが喰らったものより遥かに強力だとすると、身の毛もよだつように思います。もっとも、一応非殺傷設定ですがねw
こうでもしないとレリックを破壊できないようですから、仕方が無いのでしょう。
それにしても気になるのは、放たれた後の周辺の破壊具合、非殺傷でもその衝撃だけであそこまで破壊されるとは恐ろしすぎです。
殺傷・物理破壊設定だとあの砲撃では、ヴィヴィオはもちろん簡単にゆりかごごと打ち抜いてしまいそうなので、あのクレーターも非物理破壊だけでしょうからねぇ。

この辺り、どうして非殺傷・非物理破壊設定でも物が壊れるのかについて少し考察してみることにします。
非物理破壊は魔力ダメージとのこと。つまりは魔力や魔力素にダメージを与えるもののはず。
魔力素はそこかしこに空気として漂っているようなので、物質の表面や中にも存在していると思うんですよね。
その物体中の魔力素に反応して衝撃・振動などが生まれるとしたら、物が壊れるのも納得できます。これなら普通に全ての物質を破壊する物理破壊設定と区別もつけられますし。
つまり今回のSLBはあれだけのクレーターが出来るほどの魔力素振動が物質表面でも起こったという説。
そう考えるとますます凄いものだと思えてきましたw

ところでこのSLB、+とかexみたいに派生名称がついているのかどうかが気になるところ。
単純に“スターライトブレイカー・ブラスター”辺りが妥当だと思いますがどうなんでしょう。これはDVDの解説書待ちですかね。

レイジングハートもなのはと自身の限界越えの砲撃を良く耐えて撃ち抜きました。
やはりなのはの全力全開のパートナーはレイジングハート。
発射時のやりとりがかなりいい感じでしたし、作画の良さも手伝ってのあの輝きも綺麗で素晴らしかったです。

クアットロに向けたディバインバスターもお見事。
むしろ砲撃魔導師としては、この何物にも邪魔されない超長距離砲撃の方が最高の到達点といえるのではないでしょうか。
射程さえ届けば障害物などなんでもないとすら思われるあの超長距離にして極太の砲撃。撃たれる方としては防御する手段の無い、恐怖以外の何物でもないでしょうねぇ(^_^;)
なのはが砲撃姿勢に入る一歩の踏み出しは貫禄十分の格好よさ。
惜しみないカートリッジの使用で砲撃体勢中にマガジンの交換までしたのは、すごく手馴れている感じでした。
5発ロードであの射程と威力、凄まじすぎです。
何が凄いって。そりゃあ、あれだけ大量に隔壁をブチ破っているはずなのに威力がほとんど減衰していないように見えるのが凄いです。

ディバインバスターにはフルパワーやエクステンションという派生がありますが、SLBと同じく今回使ったバージョンの名称も気になるところ。
ブラスタービットも存在しているので、“ディバインバスター・ブラスター”辺りがだとうかも知れないですけども。
とにかく、フルパワーの砲撃の極太さ&超威力とエクステンションの射程を併せ持ってさらに強化したかのような凄まじさでした。

これらのブラスターモードに関して、見た目はあまり変化しませんでしたがブラスタービットは面白いですね。
前述しましたがファンネルかよ! ガンダムに触発されていますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
誘導操作弾にも通じるところがあるからですが、こうやって自分が直接は触れず離れてコントロールするって結構好きなタイプの技ですw

ワイドエリアサーチに関しては、意味深に残してきた光球はこのためのサーチャーだったんですねぇ。
エリアサーチという魔法自体は第1期の第3話で使っているほどで、長い間使われている技の1つです。彼女は何気に広域探査能力も凄い物があるんですよね。
今回はさらにサーチャーによる自立、というよりはレイジングハートのみの管制で探査を行っているという感じ。
こういった細かい戦いも地味ながらも得意なのが凄いです。

他に魔法関連で気になったのがバインド系で数点。
チェーンバインドがチェーンでなくてしかもリング状発生からのロープ状拘束だったのはどう考えたものか。
「A’s」まででユーノやアルフが使っていたときはちゃんと鎖の意匠で魔法陣から発生して絡みつくタイプのバインドだったので、同じ魔法とは思えませんでした。
なのはなりにアレンジを加えて使いやすくてしているというのが妥当なんでしょうけど、それでも同じ魔法ということは、元プログラムで名称を決めてるということなんでしょうか。

もうひとつはクリスタルケージに関して。
ケージにヴィヴィオが攻撃を加えて破壊しようとするたびになのはがブラスターの弊害を受けているように見えましたが、ケージ系の性質を考えると疑問が生じます。
“発動後は魔力リソースを使用しない”というのがケージ系の特性であり長所だったはず。
まぁ、これはそう見えただけで、実際は直前で放ったバインド系とケージ系生成時や、あるいはそれまで蓄積してきた反動を受けていたと考えるべきなんでしょう。
さらに、このタイミングでクアットロが解説を入れてしまったため、なおさらなのはがダメージを受けているように見えたのかもしれません。

レストリクトロックはシリーズ初期に使ったときはリング状バインド系魔法で、「StrikerS」で最初に使われたのも一応リング状。
それが今回はロープ状なのが少し気になりましたが、これも使いやすいためのアレンジなんでしょうね。
防御系においてはシールド系とバリア系も相互でアレンジできますし、形状にはあまりこだわらない方がいいのかもしれません。

ヴィヴィオのなのはへの呼びかけは、ついに自分が正式に養親となる決意をしたという感じ。
自分の正体と本当のママを知ってしまったヴィヴィオへの呼びかけは良いものでした。
今のヴィヴィオが偽者などでは無いというのはまさにその通りですよね。
そのなのはママの気持ちにこたえるヴィヴィオの本当の気持ちと、それを受け止めるなのはというのは感動モノです。
砲撃後はレリックが破壊されてもとの幼いヴィヴィオに戻り、そしてここで以前ヴィヴィオが転んだシーンが出てくるとは。出てくるといいなと思っていたのですが、本当にこのフィードバックが使われて嬉しく思いました。
メガマガの付録で言われていた25話で効いてくるというのはこのことだったんですね。
自分の力で立ち上がるヴィヴィオは本当に強くなったなと思いました。


最後の最後で駆動炉を破壊することに成功したヴィータ。
リミットブレイクとなる第4形態は、ラケーテン+ギガントという感じですね。
とりあえず、体はギリギリ持ちこたえたようで一安心です。

このグラーフアイゼンのリミットブレイク、フェアシュテルングフォルムと聴こえたんですが、該当する独単語だとVerstärkung(フェアシュテルクング、強化・増大)というのがあるようで、おそらくこれかと思われます。

やっていることはただ駆動炉をブッ叩くだけとはいえ、あのボロボロの姿をみてると痛々しく思えてきます。
皆を助けるためという想いのこもった一撃は、最後の最後で見事破壊。
その最後の一撃は、NanohaWiki によると、『ツェアシュテールングスハンマー』というらしいですね。
時間が無いからと突入したはやての判断にも感謝です。そのはやてのセリフも感動モノでしたよ♪

心配なのは粉々に砕け散ったグラーフアイゼンですが、修理は出来ますよね?
あれで修復不可能だったら寂しいですが、管理局の技術ならおそらく大丈夫でしょう。


想像を遥かに超えたなのはの砲撃に怯えて逃げるしかなかったクアットロ。
消滅とまでは行きませんでしたが、アンチクアットロ派も、彼女のキャラクターを気に入っている人も、あの散り方は清々しかったのではないでしょうか。
あの焦りと狼狽の表情は、私としてもいい気味でしたww

結局最後は自分の予想を超えた攻撃に慌ててうろたえて逃げ惑うという無様さ。
見下していた相手にこれですから、まぁ所詮は小物だったと言うことなんでしょうね。
この点においては、最後までマッドサイエンティストぶりを貫き通したスカリエッティには到底及びません。
あの、最後までフェイトを欲しがって顔芸を披露し続けてくれたスカリエッティのマッドぶりは、ある意味最高でしたから( ̄ー ̄)ニヤリ

とりあえず、一応クアットロは死んではいなさそうですね。
ということは、死んだのは2番の奴だけですか。


自らの最期にシグナムと戦ったゼスト・グランガイツ。
1対1のベルカの騎士同士の対決は、地味ながらもいいものでした。このまま決着が曖昧なまま終了かもしれないと思ったぐらいでしたからね。
ゼストにとっては、負けると分かっていながらの戦いという感じもしました。
アギトやルーテシアと過ごした期間も悪いものではなかったということは、それだけでも生き返った価値があるというものでしょう。
心残りも無くなったようですし、きっとこれで安心して逝けたことでしょう。

ところで、ここでシグナムの髪下ろしバージョンが披露されたワケで。
私は下ろさない方が好きですが、それでもなかなか新鮮なものですね♪


最後にまとめ。
今回は前回までの不完全燃焼をかなり解消させてくれた爽快さでした。

残念なのははやてとリインの融合変身シーンが無かったことですが、これは一旦融合解除したので次回に期待。
シグナムとアギトの融合もありそうな雰囲気でしたからね。まぁ、あまり期待はせずに楽しみにしておきます。
これまで「なのは」シリーズの最終回はバトル話でしたが、今回は最終回にまでそれが及ぶことになりました。どんな最後を見せてくれるのか期待です。

アルトにはヘリパイロットしてもう1回出番があったのが良かったです。
ミッド地上本部からゆりかごまで、リインを連れて行くのは何気に大変そう。
速度は落ちてもゆりかごは上昇を続け、周辺ではガジェットも展開している中で(大半はクアットロ撃破時に停止したかもしれませんが)、よく操縦したと思います。

ギンガは洗脳が解けたようで、結局それまでのはどういう状態だったのか少々疑問が残りました。
まぁこの辺りはどこかの記事に解説が入るだろうとして、問題はリボルバーナックルですね。
最後にスバルに託されて、大勢の視聴者の望んだとおりの燃える展開になりそうです♪

見事ナンバーズ3人を捕らえたティアナも合流してましたけど、脚を引きずっていたのが心配。
とはいえ、シャマルの治療は受けたでしょうし、ヘリの中にはバイクがあったので、最後はこれで頑張ることになりそうです。
もう射撃魔法と幻術魔法は大いに堪能させていただいたので、最後は砲撃魔法やモード3などの大技を見せてもらいたいもの。

召喚虫達の混乱は、主人であるルーテシアを抱えたキャロ達を攻撃するほどなので相当ですよねぇ。
その中でガリュウだけは自我を保っていたようで、ルーテシアやキャロ達を守るために行動しました。
あれはきっとルーテシアだけではなくエリオ達も守っていたんでしょうね。エリオから受けたダメージがまだ残っていたでしょうに、よくやってくれました。

聖王のゆりかごは管制者や駆動炉、そして聖王の状況によって色々防御段階があるんですね。
最終段階は休眠とか凄いことまで言ってましたが、このあたりがロストロギアたる所以でしょうか。
なのはやはやてをもってしても、魔力を結合できなくなるほどのAMF密度は恐ろしすぎ。
気になるのは、これでリインとの融合が解除されてしまったこと。
バリアジャケットなどの生成物はAMF状況下でも解除されることは無いみたいですが、融合はそうはみなされないということですかね。
この辺りも公式で解説があるといいのですが。

アイキャッチは本気を出したクアットロと成長したヴィヴィオの2人。
大人なヴィヴィオは黒い服のおかげもあって格好良いので、結構気に入っています。まぁ、ロリの方がいいという人には不満かもしれませんがw
最後まで残った敵方2人という組み合わせでしたが、結局両者ともなのはの砲撃には勝てませんでした( ̄ー ̄)ニヤリ
見たか、これが魔王なのは様の真骨頂!ヽ(#`W´)ノ_a0047568_22235376.jpg

次回はいよいよ最終回。
第2期までと比べ、いいところも悪いところもあった「StrikerS」。
半年間2クールということでしたが、なんだかあっという間でした。終わってしまうのが寂しいものです。
機動六課解散は部隊設立動機から考えても自然で、その後の皆の旅立ちが楽しみ。
なのは達先輩組、スバルとティアナのコンビ、ルーテシア&アギトやナンバーズらの未来がどうなっていくのか、今から楽しみです。
おそらく、次回だけでは全ては語られないでしょう。後日談が語られるであろうサウンドステージ04も控えていることですし、メガミマガジンの展開もありますし、もうしばらくは「なのは」ワールドを堪能できそうです。

最後にひとこと。
スターライトブレイカーの破壊力は圧巻です!(*>▽<)ノ


次回「約束の空へ」
に、テイク・オフ!
ぜひとも、次へと続いていくような終わり方を希望です!


ttp://www.veoh.com/videos/v1157526Tn66wXnD?searchId=7600773161722417146&rank=0
トラックバックURL : https://konosetu1.exblog.jp/tb/6208455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from * Happy Musi.. at 2007-09-25 23:58
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイ..
思いっきりボロボロになりつつも、ついに“ゆりかご”駆動路に辿り着いたヴィータで。 リミットブレイクを使い、駆動路を壊そうとするものの、さっぱり駄目じゃないかよ。 しかも危険な魔力を感知したから、駆動路は防衛モードに移行しちゃって・・・本当に大丈夫かヴィ...... more
Tracked from 荒野の出来事 at 2007-09-26 00:04
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 感想
 ついにリリカル魔王降臨  最後は勿論この話!!なのはとヴィータの活躍シーンを刮目せよ!!ですが、残り後一話!どう考えても編集ミス・・・。25話の終わり方、一見してタイミングいいですが実は・・・  世間で... more
Tracked from ミルクレモンティー at 2007-09-26 00:12
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイ..
   オマイら、この腹黒メガネが恐怖で顔を           引きつらせる姿が見たかったんだろ? オレは見たかった(ノ´∀`*)テヘ  このために視聴続けたといっても過言ではない(マテ!)  大人ヴィヴィオをバインドしまくって、動きを止めてたのは、  ...... more
Tracked from ここには全てがあり、おそ.. at 2007-09-26 00:23
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS「ファイナル・リミ..
MASSIVE WONDERS水樹奈々発売日:2007-08-22価格『Pray』聴くべし!!水樹奈々と浜崎あゆみを比較して、さも浜崎あゆみが凄い人のように書いていた人がいたが、ちょっと待て。確かに水樹奈々の歌い方にはワンパターンな処があり、私も少し変化をつけてもいいと思うこともある。....... more
Tracked from アミューズエイド at 2007-09-26 00:56
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話
 しばらく見ない間にヴィータ血まみれ〓(゜Д゜;)  リミットブレイクでドリル付きのゴルディオンハンマーで駆動部を破壊出来ずにキューブ式の防衛システムが作動しちゃってヴィータピィィィィンチ!!  ずっと指揮をとってたはやてちゃんがいよいよなのはサソたちのいる艦内に入ろうとするんだけど、リィンとのユニゾンクルー?  第25話 ファイナル・リミット  なのはサソとでっかいヴィヴィオのバトルは続く。  ブラスター2はファンネルちっくなビットが出てきてIフィールドが作れるνガン...... more
Tracked from White wing at 2007-09-26 00:58
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイ..
クアットロは、なのはのブラスターがパワーアップする度になのはとデバイスが命を削っているの確認。この調子でヴィヴィオが、なのはとブラスターの力をどんどん引き出してくれれば、なのはとデバイスは自滅すると読み、ほくそ笑む。 ヴィヴィオとなのはの戦いにもスピード感や迫力を感じなかった。戦っているのが可愛い顔した女の子達だもんなーっ。その点は勘弁してチョなのかしらね。... more
Tracked from パズライズ日記 at 2007-09-26 01:53
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話
出会いは偶然 はじめは何も分からなかった ただ、目の前で泣かれると 私もなんだか悲しくて 行かないでって抱きつかれると 胸が切なくて 笑ってくれると 嬉しくて 上手く言葉に出来ないけど きっと大切な子 守れなかった約束を 今度はきっと守るから ...... more
Tracked from ルナティック・ムーン at 2007-09-26 05:58
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikers 第25話
[駆動路へとむかったヴィータは最後の力を振り絞り、破壊しようとする。ヴィヴィオと対峙するなのはは、ヴィヴィオを助けるべく、必死の戦いを繰り広げていた。そしてようやくクアットロの居場所をサーチしてこれを粉砕。... more
Tracked from 垂れっ流しジャーマン at 2007-09-26 06:05
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファ..
やべぇぇぇぇぇぇぇ!!!今週は先週以上に最高でした!超々サイコー! ていうか、泣きました!(つД`) ええ、泣きましたとも! あ!言わなくても、わかってるから! はいはい、きんもー☆きんもー☆ ひぐらし解1... more
Tracked from パプリカさん家のアニメ亭 at 2007-09-26 06:28
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイ..
魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ いよいよ前回登場しなかったなのはメインのエピソードだったわけですが、今更ながらに、今期の本作の意義のようなものが明確にされた内容だったように思います。今回の事実上の目玉となると思われていたヴィータの駆動炉の...... more
Tracked from 藍麦のああなんだかなぁ at 2007-09-26 07:20
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS「ファイナル・リミ..
魔法少女リリカルなのはStrikerS「ファイナル・リミット」です。 さて、残すところあと2話ですか。なのはシリーズのパターンからいうと、今回が実質的な最終回でしょうね。 どんな幕引きが用意されているのか、どう考えても見せ場が足りない気もしますがどうでしょう...... more
Tracked from たこの感想文 at 2007-09-26 09:58
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第25話
「ファイナル・リミット」 深手を負いながらも先を目指すヴィータ。何とか、目的の場... more
Tracked from 物書きチャリダー日記 at 2007-09-26 10:07
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS第25話「ファイナ..
TVKSchoolDays放送中止と・・・。まぁ素直に地元局で見るか。画質は当然地元のほうがいいわけで。(追記)全ての放送局で放送の中止になりましたね。まったくとんでもないとばっちりを食らいました・・・。ってことでなのはです。魔法少女リリカルなのはStrikerSVol.5/...... more
Tracked from 蒼碧白闇 at 2007-09-26 21:22
タイトル : 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」25話 ファイ..
なのはが見事にクアットロを豪快に倒した。 あの天井をぶち抜いて救助するってのは伏線だったのか…。 ヴィヴィオに対してはかなり無茶なことしてるような気もするが、あれがなのはさん流らしいのであれはあれでいい... more
Tracked from えたなるお~しゃんA’s at 2007-09-26 22:46
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話
第25話 ファイナル・リミット 決着の時、きたる!! 残ったのは、ヴィヴィオとクワットロ。 真の主人公、なのはさん、 果たしてヴィヴィオを救い、大活躍できるのか? あと、クワットロもフルボッコでお願いします。 魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.9 ...... more
Tracked from 青山テルマ 守りたいもの at 2009-01-09 21:29
タイトル : 青山テルマ 守りたいもの
青山テルマ「守りたいもの」の歌詞や試聴、PVの視聴はこちらから。YOU-TUBE動画も... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2007-09-23 14:27 | 魔法少女リリカルなのは | Trackback(16) | Comments(0)

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu