いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

2006年 03月 11日 ( 1 )

今は遠き夜天の光☆彡

魔法少女リリカルなのはA's サウンドステージ02

前々からちょっとずつ聴いてやっと聴き終わりました。
6話と7話を繋ぐ話。

今回の主役ははやて。
夢の中で闇の書の意思(のちにリインフォースと名付けられる)と出会います。
過去のベルカの騎士達の戦いぶりや日々の生活を目の当たりにしてしまうはやて。
シグナム達の生活のあまりの苛酷さにショックを隠しきれません。
この光景を見てしまうのはまだ早すぎると、はやてを助けに来る闇の書の意思。
彼女に抱っこしてもらったはやては、いろんなことを語り合います。
優しいはやて。闇の書の意思は涙を流して彼女と騎士達の幸せを願わずにはいられないのでした。

一方、なのはとフェイトは時空管理局を訪れて見学。
先導するリーゼ姉妹達と、将来について語り合います。つくづく早急よのう。とても9歳の会話とは思えません。
そしてリーゼ姉妹によって明かされるクロノの過去。 ( ̄ー ̄)ニヤリ
帰宅後、クロノとも語り合うなのはとフェイト。
ああ、フェイトの「お兄ちゃん」発言で、過剰反応してずっこけるクロノ。これはこれは面白い反応だ( ̄w ̄)ニヤリ

挿入歌はシグナム、フェイト、はやて。
なんだか“旅”とか“絆”を感じさせられる曲ですね。
a0047568_18211485.jpg

では、今度は先日手に入ったSS03へと進むとしましょう。
[PR]
by konosetu | 2006-03-11 23:02 | 魔法少女リリカルなのは | Trackback | Comments(0)